新生児向けスリングの選択

新生児の赤ちゃんはとてもデリケートなため、特に妊娠第4期(生後3ヶ月間)はより特別なケアやサポートが必要となります。ベビーラップ・リングスリングなどの人間工学に基づいた抱っこ紐での密着した抱っこ、お母さんの声を聞くことができる環境は赤ちゃんをなだめ、生後間もない頃だけでなく長い間ベビーキャリアのベネフィットが実感できます。また、やわらかで柔軟なオーシャスリングは、赤ちゃんのニーズにぴったり合います。

 

こちらのガイドでは、新生児にぴったりのキャリアの選択についてアドバイスをしています。

 

 

はじめに、素材について考えます。素材は、スリングを選ぶ上で最も重要な点の一つです。ベビーキャリアの選択においてその他に考慮する点は、スタイル・ブレンド・GSM(1㎡あたりのグラム数)ですが、シンプルにあなたの好きな素材を選択することで使用する可能性が高いです。また、ベビーキャリアは使えば使うほどスキルに自信がつき、更に生地も柔らかくなりより使いやすくなります。

 

Which Carrier Should I Choose?

以下の抱っこ紐は、新生児からトドラーまでに適しています。これらは全て調節可能で、新生児の自然な姿勢をサポートしたりと親子にたくさんのベネフィットがあります。

Woven Wraps

一枚布の織物ラップは、最も用途の広い抱っこ紐です。巻き方の種類が多く、お子様が望む場合は4歳頃まで使用することができます。このような抱っこ紐は、一枚の長い織物よりお作りしており、調節が自由自在で体にフィットし快適さを生み出します。あなたと赤ちゃんにぴったりフィットするよう生地をミリ単位で調整することによって、新生児の自然な姿勢をキープし、安全快適にお使いいただけます。

また、ベビーラップは低体重児や筋緊張低下症のような更にサポートが必要な赤ちゃんにおすすめです。

 

 

Ring Slings

リングスリングは、新生児からトドラーまでに適しています。こちらもベビーラップ同様一枚の長い織物からお作りしておりますが、肩の部分のリングでしっかりとサポートするのが特徴です。リングスリングは軽量で、ベビーラップのように調節が可能です。肩から背中にかかる生地を広げることでお子様の体重が分散され、より快適にお使いいただけます。

 

リングスリングに慣れると素早く装着することができます。新生児の場合、中心かほんの少しだけ中心から外れたポジションで抱っこします。また、ベビーラップよりもコンパクトで、簡単に片付けられたり持ち運びができたりと非常に便利です。更に、お子様の出し入れが簡単なリングスリングは、お子様が歩くようになってもとても役立ちます。

Find out more about ring slings here

Cairis Carrier

ケーリスキャリアもまた新生児から適しています。ウエストのバックルが特徴のこちらのキャリアは、もう少し成形された抱っこ紐を好まれる方におすすめします。ベビーラップの半分の幅で作られたストラップで引き締め調節することができ、ベビーラップやリングスリングのような密着感が得られます。また、ストラップの布を赤ちゃんの背中に広げることで、更にサポート力が強化されます。

ベビーラップやリグスリングよりも少し簡単シンプルなので、それらの抱っこ紐よりも調節が少ないものをお探しの方にぴったりです。

 

Find out more about the Cairis here.

Which Fabric Blend to Choose?

よくある質問の一つに「どのブレンドがベストですか?」という質問がありますが、素材やブレンドによって特徴が異なります。

Note: ストラクチャーキャリアをご希望の場合、ベビーラップやスリングほどブレンドは重要ではないので、お好きな柄やお色からお選びいただくことをおすすめしております。

 

「新生児にベストなブレンド」が一つあるというわけではなくたくさんのオプションがあるので、以下の表にてお客様とライフスタイル合ったベストなスリングの選択のお手伝いができればと思っております。

 

 

1. 簡単にお洗濯でき乾燥が早いものが必要→コットン100%、リネン、ヘンプ、テンセル

2. 使用前からとてもやわらかく感じられるものが必要→バンブー、ワイルドシルク、テンセル

3.予算が限られている→コットン100%、グレード商品

4.1枚で新生児からトドラーまで使えるものが必要→コットン100%、リネン、ヘンプ、ウール

 

新生児向けスリングをお探しの場合、「やわらかい」「柔軟」「グライド」といった単語を商品の説明ページよりチェックしてみてください。

新生児にオススメのスリングをチェック

 

ほんの一部ですが、新生児向けでない素材ブレンドもありますので、好みのものが見つかったけれども自信がないという場合は info@oscha.jp までご連絡いただければと思います。

素材についての詳細はこちら

What is GSM?

ホームページ上で”GSM”という単語がよく使われます。こちらは布の重量(1㎡あたりのグラム数)を示します。Oschaスリングの場合、180〜330gsmのスリングが多くなっていますが、新生児やラップ初心者の方は軽量で比較的扱いやすい230GSM以下のものをお勧めしております。

 

Note: ケーリス・クーリーなどのベビーキャリアをご希望の方は、あまり深くお考えいただく必要はございません。

Learn more about GSM here.

Which Woven Wrap Size to Choose?

サイズについてお悩みの方は、こちらのサイズガイドをご覧ください。ですが、ベビーラップのご利用が初めての方はベースサイズ(主にサイズ5)をおすすめします。サイズ5は、多くの方がベースサイズ(基本のフロントラップクロスキャリーができるサイズ)としてお使いいただいているサイズです。一度基本的な巻き方をマスターすると巻き方の幅がグッと広がり、あなたとお子様にとってぴったりの巻き方がわかるようになります。

 

ショートラップもリングスリングのようにシングルレイヤーで、片方の肩で支える巻き方ができ非常に便利です。

Which Carries are Suitable for Newborns?

Baby Wraps

新生児にぴったりの巻き方はたくさんありますが、まず基本的な巻き方である「フロントラップクロスキャリー(FWCC)」からはじめてください。こちらのキャリーはシンプルで、小さなお子様の体をしっかりとサポートし負担がかからないため、赤ちゃんの成長を助けます。

おんぶ(バックッキャリー)は、生後6ヶ月未満で医師よりアドバイスを受けていない場合、又はお子様が自信を持ってお座りできるようになるまでは行わないでください。

EMBED NEWBORN FWCC VIDEO

Ring Slings

リングスリングの場合、フロントキャリーを4ヶ月頃まで行います。それ以降赤ちゃんを自然と腰抱きするようになると「ヒップキャリー」となります。

EMBED NEWBORN RS VIDEO

 

Cairis Carriers

ケーリスの場合、生後6ヶ月頃までフロントキャリー(抱っこ)をご提案します。確実に腰がすわるようになってからバックキャリー(おんぶ)が可能です。

EMBED NEWBORN CAIRIS VIDEO