How to Carry using an Oscha Sling

How to Carry using an Oscha Sling

スリングを試す前に、赤ちゃんが落ち着いているか確認してください。 はじめは人形等を使用して練習し、鏡で確認すると良いです。

スリングでのお出かけは、赤ちゃんを落ち着かせ、慣れさせるのに非常に良いです。

最初におんぶを試す際は、ベッドかその他表面が柔らかい場所で、一人ではなく、サポートしてくれる人と一緒に練習することをお勧めします。

覚えておいてほしいこと…

  1. しっかりときつく締めてください。包帯を巻いたときのような感覚となるよう締めてください。とてもゆるい状態だと、赤ちゃんはお母さんにぴったりくっつかず、安全に抱っこできません。それでは、お母さんも赤ちゃんも快適ではありません。

  2. 全てのベビーキャリアは赤ちゃんのため、十分な量の生地を確保し、生地を赤ちゃんのお尻から股の間を通し、お母さんのおへその上辺りまでしっかりと引っ張りあげてください。そして、いつも最適なシートを作るよう心がけてください。

  3. 赤ちゃんのひざとお尻が最適な位置になるよう、赤ちゃんの膝がお尻より高い位置になるよう注意してくだい。

  4. 抱っこの際は、赤ちゃんのおでこにキスができる高さで抱っこしてください。もし低いようなら、お母さんの腰に負担がかかる可能性があります。

長さに応じて様々な巻き方があります。ベビーラップの使用法をマスターするまでは、一つの巻き方を練習してください。 (フロントラップクロスキャリー;FWCCをおすすめします。)この方法で、生地の広げ方、締め方をしっかり学べます。一つの巻き方を習得すると、別の巻き方もより簡単になります。